プロバイダーを変えると回線が遅くなるかを検証


プロバイダー 乗り換え

プロバイダーを変えると回線が遅くなるのか?

今のプロバイダーは回線が早いけど、月々のコストをもっと抑えたい。そんなニーズをもっている人も多いでしょう。同じネットを使うなら安い方が良いに決まっていますからね。

 

 

しかし、プロバイダーを変えると回線が遅くなるという話も聞きます。その説明が本当に正しいのか、ちゃんと検証すべきです。

 

 

実は、ネット回線が遅い原因の多くは自宅内の設備が原因であるケースが多いです。例えば、ルータ、LAN環境などが挙げられます。それらの問題を解決しないでプロバイダーを変えてもそれほど回線速度は変わりません。

 

 

問題は、プロバイダーを乗り換えることで回線が遅くなるケース。これは、乗り換え後のプロバイダーのバックボーンに影響されます。プロバイダーのバックボーンとは、第一種通信事業者以外の会社が行っているトラフィック交換所(IX)への回線網を指します。それが弱いと必然的にネットの速度が遅くなります。

 

 

乗り換えによって月額基本料金が安いプロバイダーはコスト面では有利ですが、実際にネットを使うと以前より遅くなった…というケースもないとは言い切れません。それに、人気のプロバイダーは回線が早いというわけではなく、同じ規模のバックボーンをもっていても、乗り換えによって結果的に回線速度が遅くなるケースもあります。

 

 

つまり、たくさんのユーザーが回線を使えば遅くなるケースです。これは普通に考得ればわかることで、ここでわざわざ説明するまでもありません。乗り換えの際には、ただ安さだけを追求するプロバイダーでは回線が遅くなるケースもあるということです。

 

回線が早いプロバイダーは?