プロバイダーを変えると早くなることがあるのか?


プロバイダー 乗り換え

プロバイダーを変えると回線が早くなるのか?

プロバイダーを変える多くのユーザーは、回線を早くしたいと思っていることでしょう。回線の早さを追求するためにプロバイダーを乗り換えるのは少し目的を違っていると思いますが、多少の効果はあるようです。

 

 

よく勘違いされるネットの速度について理解することで、プロバイダーを変える際に正しい判断ができます。変えなくてよかったと後悔することもないでしょう。

 

 

例えば光回線を既に引いていて、ネットが不安定であり回線が遅かったとします。その理由の多くは自宅内でのLANケーブルが長かったり、ルータの動作が不安定だったりします。

 

 

プロバイダーを変えるとルータが新しくなるので少し安定して回線が早くなったと感じるのかもしれませんが、実際は家庭内のLAN環境を変えないと大きく変化しません。

 

 

また、WAKWAKのようにプロバイダーのバックボーンが太い、もしくは法人向けの回線を引いているプロバイダーに変えると、少し速度が早くなるとも言われています。WAKWAK自体それほどメジャーなプロバイダーではありませんので、会員数が少なく、それによる回線速度の干渉も少ないと予測できるため、今、仮に大手のプロバイダーを使っていたとしたら、結果的には少し早くなるかもしれません。

 

 

ADSLでは基地局との距離が大きく影響しましたが、光回線は長距離通信用であるため、プロバイダーによる基地局の変化と回線速度の影響はほとんどありません。絶対に早くなるとはいえませんが、今使っているプロバイダーとこれから変えるプロバイダーを比較し、早くなる要素があるかどうかを確認するとよいでしょう。

 

WAKWAKの公式サイトへ

WAKWAKの評判はこちら