プロバイダーの乗り換えは光回線も解約しなければ…?


プロバイダー 乗り換え

プロバイダーの乗り換えは光回線も解約しなければならない?

よくこの質問があるので、改めてご説明したいと思います。プロバイダーの乗り換えは回線そのものを解約して、新しくプロバイダーと契約すること…と勘違いしている人は、プロバイダーを変更する際にコスト的な損失や変更期間に一時的にインターネットができなくなるなど、余計な損をするかもしれません。

 

 

今光回線でAプロバイダーに契約しているとします。そのネット環境があまりよくないし、毎月の利用料金も他のプロバイダーと比較すると高いと思い乗り換えることにしたケースについて考えて、乗り換えの意味を再確認しましょう。

 

 

乗り換えの場合はAプロバイダーをBプロバイダーに変更するだけ。光回線は開通したままですので、インターネットは継続して利用することができます。

 

 

しかし、その分新規契約特典などは受けられませんし、場合によってはAプロバイダーに解約解除の違約金が必要になります。

 

 

解約して新規契約するなら、Aプロバイダーの解約と光回線の解約を利用している第一種通信事業者に申請しなければなりません。先ほどの乗り換えの費用にプラスして、光コンセント撤去費用などの解約工事が発生します。新規契約特典を受けることはできますが、一時的にインターネットが使えなくなる場合もあるでしょう。

 

 

プロバイダーの乗り換えはそこまでする必要がなくても、光回線を維持しながら乗り換えられます。最近は乗り換え特典があるプロバイダーも増えてきており、一度契約したプロバイダーをずっと使い続ける必要なんてありません。

 

特典がたくさんあるプロバイダーは?