プロバイダーの乗り換えと解約の違いとは


プロバイダー 乗り換え

プロバイダーの乗り換えと解約の違い


インターネットのプロバイダーは一度契約したら今の契約を解除しないと変えられないと思っていませんか?そう思っている方は乗り換えと解約の違いを理解されていないかもしれません。ここでそれらの違いを理解しておけば、プロバイダー変更の際に損をすることもありません。

 

 

インターネットを利用する際には、例えば光回線を例にとると、光回線契約+プロバイダー契約をしています。NTTやKDDI、日本テレコムなどが第一種通信事業者としてネットワークをもっており、それを利用するための中間業者がプロバイダーというわけです。

 

 

解約とは光回線契約+プロバイダー契約の両方を解約することを言います。プロバイダー契約の違約金が多くのケースで発生しますし、光回線撤去費用などの費用が数万円かかることになります。そして、また新規の契約をすると、初期工事費用などがかかるわけです。

 

 

それに対して乗り換えは光回線契約を残してプロバイダーだけを解約することを指します。かかる費用はおおよそプロバイダー契約の違約金ぐらい。違約金も一定期間利用後にタイミングを見てやめることで違約金がかからないようにすることもできます。

 

 

新規契約時みたいに特典キャンペーンなどは少ないですが、それでも現状、費用が高いと思っている、使いにくいと思っているインターネットが使いやすくなるのであれば、乗り換えのメリットが高い場合もあります。

 

 

プロバイダーを変更するには、全て解約して新規で契約したほうが良いという解釈もありますが、最近では乗り換え時のキャンペーンを行っているプロバイダーも多く、決してその考え方が合っているわけではありません。

 

特典がたくさんあるプロバイダーは?